読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虹がでたなら

説明がしづらい人のブログ。

映画『藁の盾』

 年末、映画好きと評判の職場の男の子に、

「2013年観た映画で良かった3本って何?」と聞いてみた。

 

「一位は2回映画館で観た『パシフィック・リム』、

 二位は 『ゼロ・グラビティ』、

 三位は邦画で『藁の盾』です。

 お正月に是非。」

 

で、某に「『パシフィック・リム』観ようよ」と言ったら、既視と言う。

 

私の中で、悪役の清丸役の藤原竜也君と言えば、

ビッグアート(現PANTOGRAPH | パンタグラフ)に来て、

写真集撮ったりしたこともあり(確かこれ)、

勝手に親近感がある俳優。

 

と言うことで、『藁の盾』観てみた。

 (Apple TVで2003年作品として表示されてたので、違う映画かと思ったが。)

 

f:id:yasno:20140104212204j:plain

 

やっぱり、藤原君は適役だな!とは思ったものの ……、

うーん。モヤモヤする。

 

や、別にスッキリした結末を期待してた訳ではないけど、

後半、尻すぼみ感(腐った警察上層部も狂うなら徹底的に狂えよ!とか)。

色々出して全部オチなしかよ感(主要キャストの人生の描き方が中途半端かな)。

私の経験不足でしょうが、誰にも共感出来ないし。

 

映画館で観たら違うのかなー。

 

モヤモヤを何とかしようと、口コミを漁る。

「ダラダラ気味だった原作よりいい」などの意見を読んで、

切られた部分を想像で補填したら少しスッキリしてきた。

 

途中、いい味出してるタクシードライヴァー役で、余貴美子さんが出た。

 

そうだ!

私、(黒田勇樹君に「似てますね」と言われたから)余貴美子さんを目指すんだった!

 

気持ち新たにするためにも、

2014年正月に鑑賞するのに相応しい映画だったのかもしれないな。