読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虹がでたなら

説明がしづらい人のブログ。

悲願の富士登山「須走コース」を振り返る(1)

Wishlist:動

久しぶりのブログ更新となってしまった。

8月末は新製品発売に伴うあれこれがあるのが判っていたので、事前にやんわりと準備していたのだけど、いざその時になってしまうと余裕がなくなってしまった。

f:id:yasno:20140903223744j:plain

↑イベント中の私。

 

予定通り、8/23〜24に富士登山が出来た。
そもそもの発起人で塔ノ岳への予行練習も一緒に行ったKさんは、残念ながら不参加となってしまったが、心強い『遥かなる山旅 夫婦で登る日本百名山』のHOMER夫妻と、いつもの面白い仲間である松田君や井上君が一緒だった。

旅の仲間は最高! 後は天気だ、と思ったんだけど、直前まで「富士山山頂の天気」は壮絶に読みにくく、荒れていた。 

f:id:yasno:20140904000711j:plain

前夜、「私は晴れ女だから大丈夫」という根拠のない自信でパッキング。

f:id:yasno:20140904000818j:plain

 「山小屋では基本的に着替えないよ」と聞いていたけど、やっぱり下着類や靴下の替えは用意。下山後の温泉の準備もあれこれやって、荷物はトータル10kg。

ウエストポーチの中身は、ゼリー系補助食品やトレイルミックスなどの行動食。

 

塔ノ岳のときと同じく5時半の電車を目指す。f:id:yasno:20140904001652j:plain

自宅から富士山は遠いけど、雲の多さを見てドキドキ。

f:id:yasno:20140904002131j:plain
5時45分、待合せの桜木町駅前もちょっとだけ小雨が……。
f:id:yasno:20140904003054j:plain
この後、南町田駅経由で横浜町田ICから東名に乗り御殿場ICを下りる。次第に大きくなる富士山にも傘雲が……。