読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虹がでたなら

説明がしづらい人のブログ。

古希祝いの宴にて

母の古希の祝いとして、中華街の菜香新館に集まることとなった。

弟が父に「乾杯の音頭の前に、お母さんに感謝の言葉をお願いします」と促したので、「いつも頑張っている……」みたいなことを言った。

それは、ありきたりの言葉で、特別な日に相応しいものではなかったけど、嘘ではなかった。

そして、一緒に過ごさなければ、いいところは見ることが出来ないんだ、と思ったりした。 

普通の感想だけど。

f:id:yasno:20150113010509j:plain

菜香新館の料理は、美しく、ほどほどに美味しく、サーヴィスのよい店で、とても楽しい時間が過ごせて良かった。

 

帰宅した頃、母から、「素敵な花をありがとう。これからも私らしく、無理せず健康第一でいきます」というメールが届いていて笑った。

本当に本当にマイペースだよなー。

 

今夜のことは、きっと他愛もない、幸せな思い出として何度も思い出す気がする。
こんな日は、ありそうで、実は貴重な瞬間なんだよね。