読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虹がでたなら

説明がしづらい人のブログ。

深谷かほる先生個展にて緊張し過ぎた

B:アート

昨日はにゃんずにワクチン接種を受けさせてから、川越にあるGallery & Cafe 平蔵へ、「深谷かほる・夜廻り猫展」を観てきた。

 

夜回り猫とは深谷先生がWebで発表されている猫の漫画。
かわいいだけじゃない所が本当に素敵なのだ。

その原画が見られるとのことで、何気に片道2時間の旅へ。

 

到着したら、予想はしてたけど、長蛇の列!
ゆいちゃんと「間違えて厚着してきちゃったけど、結果よかったねえ」なんて話しつつ、たぶん1時間半くらい並んだ。

ひとりでも多くのお客さんにお店に入っていただけるようにと、サインをする深谷先生はお店の外で、ずーーっと立って描いてました。
何時間ああしてらしたんだろう……。

f:id:yasno:20160306102556j:image

撮影禁止ではなかったのでちょこっと撮影。

上の写真の反対側にはLINEスタンプになった小さな作品群の原画が展示されてたんだけど、ミューズ紙に活き活きとしタッチで描かれたキャラクターはとても鮮やかで、原画で見られて良かったぁ。

 

夜廻り猫・1 - LINE クリエイターズスタンプ夜廻り猫・2 - LINE クリエイターズスタンプ
お手洗いにも1作品展示されてるので要注意です!

 

トートバッグにサインをお願いするとき、先生に「何の絵にします?」と言われ、考えていなかったので、一瞬にしてパニックになってしまったー。

パニックになりながらも、すっごい色んなこと言っちゃうんだよねぇ。
いつからこういう性質になったのか全く思い出せないんだけど、「こんな機会ない!」って思うと、「何様だよ!」な私が出て来てしまって、どんどん言葉が出てしまう。
で、後で、恥ずかしさに何度も気絶しそうになるという。

これに似た状況、前にも一度あった。坂本龍一さんのプライベートスタジオにお邪魔した時だ。
あの時もゆいちゃんが隣にいたんだよなぁ。

f:id:yasno:20160306115549j:image

この後、図々しいついでに一緒に写真を撮ってもらう私。
しかし、直後に恥ずかしさが爆発し、「応援してます」と言い走り去るという(苦笑)。

f:id:yasno:20160306102604j:image

今度個展があったら、このバッグと大人としての礼節を持って、 改めてご挨拶したいものであります。

ありがとうございました。

 

 

13日の最終日まで、ひとりでも多くの人が原画を見られますように。

 

興奮し過ぎて、とてもまっすぐ帰れなかったので、川越の居酒屋でいっぱい熱燗を飲んで自己嫌悪を紛らわし、サインの嬉しさをゆいちゃんに訴え続けたよ。