読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虹がでたなら

説明がしづらい人のブログ。

辛い部&鰻部&鮨部(お喋りし過ぎで咽が痛い)

風邪大流行に伴い、同行者がSちゃんのみとなってしまった辛い部静岡遠征!
でもニューヨーク遠征と比べたら、静岡なんて近所近所。

 

しかし、相変わらず、風邪ひく気配ない私。
やっぱ、加湿&オイルヒーターがいいんじゃないかな。

f:id:yasno:20160221210447j:image

三島駅に迎えに来てくれた師匠のポルシェに乗って一件目に訪れたのはうなぎ 桜家さん。

f:id:yasno:20160222213515j:image

春節が終わり、冷たい雨が降っていたせいで、40分待ちで入れた!(前回、4時間待ちだったらしい)

換気扇から流れ出てくる鰻の芳醇な香りを嗅いで待つ40分。

たまらん!

うな重が出てくるまでに、白焼きをつまませてもらう。
甘い出汁醤油に静岡名産の生わさびを添えていただきます。

美味いっ!

そしてメインのうな重

f:id:yasno:20160221210457j:image

少なめのタレがちょうどいい。鰻の美味しさがよく分かる。ぺろり。

 

腹ごなしがてら、小雨降る中、三島神社まで歩きお参り。
Sちゃんの引くおみくじを冷やかしたり、花嫁行列を眺めたり。
なかなか風情のあるひと時。

 

ちょっと雨宿りに入った喫茶店に置いてあったフリーペーパーに載っていた占いに凄いことが書いてあって吹いた。
あまりに心当たりがあり過ぎて、直視出来なかったなぁ。
今思えば、写メ撮ればよかった。

 

雨だけど、今年の元旦からオープンしたスカイウォークに行ってみようということになって移動。
本当に煙っていて見えないので、吊り橋は渡らず、売店コーナーを冷かすのみ。

すごく美味しいと言う噂の苺大福が売っていたけど、新しい建物の接着剤の臭いがキツくて食べる気がしなかったところが残念だったなぁ。

もっと残念なことは沢山あったけど。

 

一旦、宿(伊豆長岡 八の坊)でチェックイン。
ドタキャンになってしまったけど、「夕食なしのプランですし」と女将の計らいをしていただく。
ありがたや。

 

そして、二件目で辛い部本番の「G(ガッツリ)麺ふじもり 御殿場駅前店」へ。

f:id:yasno:20160221210520j:image

噂の炎の赤富士(十合目)。
辛いだけじゃない。爽やかなスパイス、奥から上がってくる玉ねぎの甘み、横たわるもちもち太麺や、寝返る油断ならない野菜たちなど。
別皿キャベツ、良かったね!

もっともっと恐いラーメンかと思ったけど、案外余裕あったな。

 

宿に戻って温泉。
貸切り露天風呂を予約したけど、普通の大浴場にも露天風呂あったよ。

芯から温まって、しかもつるつるになるお湯でよかったなぁ。

f:id:yasno:20160221233522j:image

朝も温泉に入ってから朝食。
美味しかったけど、半分以上残してしまったー。
朝一は、食べられないんだよねぇ。

 

天気は回復したけど風。
伊豆の国パノラマパーク行ったけど、ロープウェイ動いてなかった。

f:id:yasno:20160221211447j:image

そして、魚がし鮨の沼津港店へ。

f:id:yasno:20160221232511j:image

確か、近海物のセットとかいう名前のお寿司をいただいた。
これに蟹汁がついて、2400円(だったような)。

どれも美味しかったんだけど、鯖がウニみたいな甘さを出してて驚いた!

f:id:yasno:20160222210844j:image

師匠が頼んでいたこぼれ鮨を写真だけ。……豪華!

 

どのお店も美味しくて、口福とはこのことという素晴らしい3食だったよー。

改めて、貴重な週末を私たちのために使ってくれた師匠に感謝します。
楽し、美味しかったー!

 

食べていない間はずーーーっとお喋り。
ノンストップで喋り過ぎてるのに、その事に全然気付いていない自分、恐ろしい。
帰って来たらぐったりよ。

私が私じゃなかったら、私の事を笑えるのに……。
本当に残念だわ。